読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲタバコ.

下駄箱とは、靴などの履物を収納するための家具。 銭湯など大衆が集う場所では「下足番」と呼ばれる履物の管理人を置くことがある。 ゲタバコとは、映画などのコンテンツを紹介するためのサイト。 インターネット上など大衆が集う場所で「下足番」と呼ばれるブログの管理人が置かれている。

オフコース ベスト 春のランキングトップ10はこれ!

50曲を収録した、小田和正のベストアルバムが発売になり、

オフコース1982年武道館ライブが改めてソフト化しました。

ちょっとしたオフコースブーム?いや、最終回3.3%だったフジドラマを絡めた商業戦略?

なんて憶測もあるんですけど、そんなこと抜きにして、オフコースは、いい。

 

前に秋の夜長に黄昏てセトリを書きましたが、オフコースは春もいい。

オフコースの曲は情緒的に秋と、冬の閉塞的な環境での悲しみに打ちひしがれたいときにその音楽性を大きく発揮するのですが、春に聞いても、というか今のような梅雨じみた春?初夏?に聴いてもいい感じがします。夏、ってなると小田和正がソロになってからの方がいいけど。

 

そこで今回はオフコースベスト 春 と題してオフコースの春に聴きたい楽曲ベスト10を発表します。

あ、何のデータにも基づいてない私的なランキングです。

でも、『さよなら』と『言葉にできない』は知っていて、『愛を止めないで』ちょっといい曲じゃない?と思った人には役に立つランキングかも。

 

まずはランキングから簡単に発表!

 

1.  眠れぬ夜

2.  愛を止めないで

3. こころは気紛れ

4. 水曜日の午後

5. あなたのすべて

6. 別れの情景Ⅱ~もう歌は作れない

7. 僕の贈りもの

8. でももう花はいらない

9. やさしさにさようなら

10.倖せなんて

 

3の『こころは気紛れ』は夏の歌なので入れるの迷ったのですが、

僕自身が春に聞いていて夏の訪れを感じる曲としていいなと思ったので入れました。

冬という歌詞が入ってきますが、『めぐる季節』も春に聴くオフコースとしてオススメです。

あとなんですかね、春のオフコースと言われると、何故かオフコース初期の頃の曲を入れてしまいますね。なんだろう、バンドではなくまだフォークソング、デュオと呼ばれていたほうが一般的だったオフコースの楽曲の方が春を感じるのでしょうか。

ここでセットとして聴いて欲しいのは、1と2の曲。

2が1のアンサーソングになっています。春、夏に少し希望を持ちながらなんとなく憂鬱だけど頑張ろ、みたいなときに聴いて欲しいです。

 

ワインの匂い(紙ジャケット仕様)

ワインの匂い(紙ジャケット仕様)

 

 というかこの『ワインの匂い』というアルバムが名盤なんだけど、

ここに収録されている曲は全部春っぽいかも。

僕が一番好きな『愛の唄』も収録されているので、バンドオフコースである程度曲を聴いたという人のために、オフコース第二ステップとしてこのアルバムを聞くのはいいと思います。そのあとにジャンクションに行けば最高の流れですね。