読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲタバコ.

下駄箱とは、靴などの履物を収納するための家具。 銭湯など大衆が集う場所では「下足番」と呼ばれる履物の管理人を置くことがある。 ゲタバコとは、映画などのコンテンツを紹介するためのサイト。 インターネット上など大衆が集う場所で「下足番」と呼ばれるブログの管理人が置かれている。

文字通り「ギリギリでいつも生きてる」KAT-TUN。 「ここをいま飛び出した」3人は「リアルを手に入れ」られなかったんだと思う。

KAT-TUNの田口くんが脱退を発表しましたね。

 

 

今回の駄文を読む前にまずはこの映像から。


Real Face - YouTube

 

NEWSしかり、0年代デビュー組のグループは脱退多いような。

あのときはNEWS、KAT-UTNの方が売り出されていたような。

だって修二と彰なんて、山Pと亀梨という両グループの顔で組まれたようなユニットですからね。

いまをときめく嵐も関ジャニ∞もそこまで人気なかったはず。

NEWSが正当派だとしたらKAT-TUNはちょっと悪いというか、とんがった雰囲気を出したアイドルっていうイメージでした。

 

ぼくの田口くんのイメージは、

 

・元NEWS内くんが不祥事でドラマ降板したとき、代役やって頑張っていってた。


がんばっていきまっしょい Ganbatte Ikimasshoi Ep 10 - YouTube

 

・やたら海外留学にいく会見を行う赤西の隣で肩を組、笑顔を振りまいてた。


KAT-TUN 赤西仁が活動休止 - YouTube

というところ。

 

それにしても、ぼく特にファンでもなんでもないので、思い入れもなんもないんですけど、

こういう脱退のときとか気になったりしちゃうのなんなんですかね?

 

すごく不思議遊戯。

 

だってぼく、ももクロは好きなんですけど、

知らないひとにそれゆと、「あ、あの青の子がやめちゃったんだよね?」

なんて言われるんですけど、それ、何情報?とか思うんですよ。

あの超感動的な「4.10中のサンプラザ大会 ももクロ春の一大事2012 ~眩しさの中に君がいた~」を知ってるわけではないんですよね。

それで感動して知ってたなんて事はないんですよ。ももクロの曲一曲も知らない。

せめて怪盗少女のサビ。だから、ももくろの青の子やめちゃったよね?なんて振られても、「うんそうだよね」くらいしか返せないですよね。

まあまだ反応してくれるだけありがたいんですけど。

 

だからこの記事もKAT-TUNファンの方にとっては不快なのかなと思うわけです。すいません。

 

KAT-TUN好きなんだよね」というと、

 

「あ、Tの子が辞めちゃったとこだよね。名前?田中だっけ?え?田口も!?」

 

て感じになるのかな。メンバー数半減してまだグループとしての形を成しているのKAT-TUNくらいかもしれない。

あ、東方神起は除きます。あれは分裂なので。

 

そんなわけでKAT-TUNはKUNになるわけです。

ATTが抜けて、もう「カトゥーン」とは読めませんよ。

でも10周年で心機一転、KANさんに曲作ってもらって、KUNとして再デビューするのもありなんじゃないかな。

 

これからグループがよくなるのであれば、これもまあいいのかなとは思います。

ももクロ、Zの前から好きでしたけど、あかりん(いわゆる青の子)が抜けてからももクロはいいバランスがとれて売れたと思うし。

(ここで言っておきたいのはぼくはあかりんも大好きだということですが)

 

つまり、飛び出した3人は芸能界という虚構でリアルを手に入れられなかったんですよ、きっと。

残ったのってあの6人の中ではなんとなく芸能活動に対して真面目そうな3人なような気がしないでもないんですもんね。

 

それぞれの「リアル」を手に入れて欲しいと思います。

以上、全くジャニーズファンではない男からの所見でした。

 

田口くんが代役を頑張ったドラマはこちら!

がんばっていきまっしょい [DVD]

がんばっていきまっしょい [DVD]

 

 と思ったらこれ、田中麗奈バージョンだった。

田口くんが出てたのは確か鈴木杏が出てたやつ。