読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲタバコ.

下駄箱とは、靴などの履物を収納するための家具。 銭湯など大衆が集う場所では「下足番」と呼ばれる履物の管理人を置くことがある。 ゲタバコとは、映画などのコンテンツを紹介するためのサイト。 インターネット上など大衆が集う場所で「下足番」と呼ばれるブログの管理人が置かれている。

【ノーレートフリー雀荘紹介】 雀荘デビューならこの店で決まり!

 

本日のゲタバコは、月におそらく100半荘は打ているクズ管理人がおすすめのフリー雀荘を紹介します。

 

麻雀の楽しさに目覚めてきた・・・

 

でもセットで友達集めようにも、そもそも打てる人少ないし、4人集めるって結構大変・・・

 

確かに。麻雀人口は減少の一途。いまの40代くらいまでの方ならみんな打てそうですが、若い人は打てる人が限られてきますよね。

 

いいじゃないですか、フリーで打ちにいきましょう。

 

え、でもルールというか、符計算もまだ完璧じゃないし、早く打てないし…マナーとかうるさそうだし・・・

というか、知らない人とお金かけて打つのはちょっと・・・

 

確かに。まだそんなに打てないのに1000円、2000円と知らない人に負けてお金を払いたくないですよね。

 

そこで!

 

本日はオススメのノーレートフリー雀荘をご紹介します。

 

ノーレートフリーとは

 

ノーレートフリーとは、ゲーム代だけを払い、面子同士で金銭のやりとりをしないフリー麻雀。初心者や、競技として麻雀を楽しむ人々に好まれています。

 

と、いうわけで、麻雀の欲望を抑えず、まずは友達との待ち合わせまでに一度フリー雀荘デビューをしてみましょう!

 

ぼくはセットもレートありのフリーも行きますが、今も待ち合わせ前とか普通に麻雀が打ちたいときは、ノーレートフリーにいきます。

始めたばかりのときは、ひたすらノーレートフリーに行ってました。

 

ノーレトフリーに行くことのメリット

 

・上がり方を覚えられる。

 

13枚持ってて、3ー3ー3ー3ー2 で上がるとか、七対子とか、国士無双とかそういう基本的なことじゃないですよ。

麻雀というものは、一打一打選択の繰り返し。配牌を見て、何に向かって、どう手を作るか。

もうこれはある種のパターンです。どれを捨てれば受け入れが広くなって、どれを入れれば高くなるのか。

こういった手を上がるまでのプロセスを覚えられます。

つまり友達とセットで打つまでに、その練習がめっちゃできるってことですよ!

 

・フるときを覚えられる。

 

皆、上がりたくても振りたくないもの。

しかし牌の巡り合わせのなかでどうしても自分が振ってしまうこともしばしば。

でも、中と白を鳴いている状態で撥を出して、見え見えの大三元に振り込むとか、

断九牌しか切っていないのに、15巡目で一萬を切って国士に振り込むとか。

振っちゃ行けない局面も必ずと言ていいほどあるわけです。

そんなときにどう打つか、安全牌は何か。

それが繰り返し打ってく中で河の情報から見えてきます。

慣れればダマテンでも危険牌がなんなのかわかるようになっていきますよ。

 

・役と点数を覚えられる。

 

役と点数の早見表を見て、頭に入れて打っても、なかなかどういうときにそれをやったらいいかわからないもの。

しかし、ノーレートフリーにはいろんなお客さんがいます。

その人たちの手をみて、これはメンタンピンだ、チャンタだ、トイトイだ、って気付いて役は覚えるもの。

 

そして点数計算。40符3翻が~、30符4翻が~とか符と翻数でごちゃごちゃになりがちですが、

これもパターン。何回かやってみたら、どういうときにこういう手を上がったらこの点数なんだってすぐにわかるようになりますよ。

符の計算ができるようになるのはあとからでいいんです。だいたい店員さんが卓を覗いてやってくれます。

 

 

さあ、もうメリットしかありませんね!ではノーレートフリー雀荘に行って見ましょう!用意するものはこちら!

 

予算:1ゲーム 300円~500円

時間:1半荘 1時間前後

 

あとはツモる気概と、ちょっと行儀よく打とうという偽善心だけです。

 

是非足を運んで頂きたいのはこちらのお店!

 

健康麻雀 ガラパゴス 高田馬場

f:id:getabacco:20151030015446j:plain

http://www.mj-smile.jp/

 ノーレートフリー

営業時間:火曜日~金曜日 17:00~23:00 

1ゲーム:300円(学生は200円)

 

とにかく紳士淑女と打てるお店です。

店内は禁煙で、おだやかな雰囲気が流れ続けています。

お客さんもそんな多くないので、2、3日行けば店員さんに名前を覚えられて常連気取りになれますよ。

 

店員さんはみんな丁寧。役も符計算もその場で教えてくれます。

フリー慣れするにはとてもいい環境です。

 

あとみなさんマナーがとてもいいので、自分も自然と行儀よく打たなきゃって気になりますよ。

 

あとハネ満からポイントがつくので、ポイントカードが溜まりやすい 笑

 

約満を上がると豪華賞品もあるので、純粋に楽しむモチベーションがかなり上がります。

 

ここの売りはとにかく、ご飯!

 

こちらは渋谷店の記事ですが、高田馬場店でも楽しめます。

http://www.mj-dragon.com/blog/free/galapagos.html

 まずオススメしたいのは、カレーですね。

雀荘テッパンメニューの1つですが、まあここのカレーは格別にうまいです。

渋谷の東急で期間限定で出店したことがあるとのこと。

 

それ以外にも、社長がみずからコックとなって日替わりでいろんなメニューを出しているので、毎日違う料理が楽しめます。

あと、海鮮丼が食べれます。これも毎日ほぼあるので丼丸よりうまい海鮮丼がリーズナブルに気軽に食べたいと思った夜は麻雀を打ちながら食べるべし。

 

ここ、本当に料理にこだわっています。おつまみも小鉢で100円から。

ビール一杯頼むと、無料でついてきます。飲みながら打ちたいには超オススメですね。

 

そういえばこの前金目鯛も出してました 笑

 

昼間は健康麻雀と題打って各種大会、麻雀教室も週に何回かやっているみたいなので、お昼間にお時間ある方は是非。

 

 

次はこちら。

 

しぶとん 

f:id:getabacco:20151030015524g:plain

http://www.shibuton.jp/

 

営業時間:無休 9:00~23:00

 

ここは順位によって払う金額が変わるシステムになっています。

 

4位 500円  3位 400円 2位 300円 1位 200円

 

です。少しの味付けと言うか、勝つモチベーションが上がるシステムになっていますね。

 

こちらは喫煙可。あとフリードリンクです。

 

待ってる時間が最初ちょっとあったりするんですが、マンガ、雑誌が充実しているので待つ時間も苦じゃありません。

 

あと、しぶとんは最高位戦のプロが欠けた卓に入ってくれるので、プロの打ち筋が見たい方は是非。

先号の近代麻雀に、勝間和代が紹介する行きたくなる雀荘にも取り上げられていましたが、樋口プロがいいかんじ。

 

5回打てばフード半額券がもらえます。

ぼくのオススメは タイ風辛味丼 ¥500円です。

 

渋谷で映画待ってる時間とかに行く感じですかね。

 

最後はこちら

 

麻雀スマイル

f:id:getabacco:20151030015625g:plain

http://www.mj-smile.jp/

 

ノーレートフリーの老舗的な感じですね。

上2つはAMOS アルティマっていう、ドラがめくられて、配牌も出てくるという最新台なんですが、

こちらはAMOS バトルコング4という、配牌を自分で4枚ずつツモっていくスタイル。

 

営業時間 不明 (たぶん一日中やってる・・・?)

料金 1時間 300円(学生200円)

 

こちらの料金体系の違うところは、時間で決まっているというところですね。

だからみなさん打つのが結構速いです。

常連さんも中々お強いので少し慣れてから足を運んでみてもいいかも。

 

とはいいつつ、ママがとてもいい感じで優しいし、面倒見もいいお店なので、点数とかも教えてくれますよ。

たしか1杯目だけフリードリンクだったはず。

 

 

さて、いかがだったでしょうか。

 

賭けてなんぼというよりは、麻雀ははじめは上がってなんぼだと思うので、

 

まずはノーレートフリーで腕を試してみては。